.

富坂キリスト教センター
山上国際学寮ブログ


講演会・集会 NEW!
そして、終了した講演会・集会の記録
(2011年8月〜)


お知らせ
『紀要』発行 
入寮者募集中 など


CEAM財団沿革 (準備中)


アクセス
富坂募金 に ご協力を


TCC 沿革
研究・研修活動
出 版 物
『富坂だより』 1〜24号, 28号〜
『富坂だより』25号より27号まで
講 演 会



山上国際学寮



《富坂子どもの家》

富坂子どもの家



京都宗教学際研究所




*** お知らせ ***



市民公開文化講演会

 2・8朝鮮独立宣言100周年と在日本韓国YMCA

    〜独立運動の現場で和解と共生のために働く〜

    講  師:田添和久先生
          (YMCA国際文化部主任 日本語学校長、2.8独立宣言記念資料室長)
    日  時:2019年10月11日(金)19時〜20時半
    会  場:富坂キリスト教センター1号館  1階会議室
    会  費:無料・定員50名
    主  催:山上国際学寮

    〔講師略歴〕
    1967年東京都出身。東京外国語大学外国語学部朝鮮語学科卒業。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。学生時代、在日本韓国YMCAで青少年活動のボランティアリーダーとして活動した後、スタッフに。現在は、同YMCAにおいて国際文化部主任、日本語学校長、2・8独立宣言記念資料室長を兼務している。

    【講師より】 朝鮮3・1独立運動から100周年を迎えた2019年は、日本が過去の植民地主義の問題に向かい合う絶好の機会であったにもかかわらず、むしろ歴史問題の未解決が原因となって、日韓政府間の外交関係は最悪の状態となってしまいました。日韓間の民間交流は、この数十年の間に量も質も飛躍的に増加、向上しましたが、歴史を学ぶ機会が特に日本側において十分に整えられないために、私たちはいつまでも真に良好な関係を築けずにいます。かつて3・1運動の導火線となった朝鮮人留学生による2・8独立宣言発表の場として知られる在日本韓国YMCAは、その後も長く歴史を学ぶ活動、青年たちの交流を支援する活動を続けてきました。その経験と未来への希望を、山上国際学寮に集う皆さんと分かち合えればと思います。

    お問合せは、пF03−3812−3852  FAX:03−3817−7255
    メールでのお問い合わせはこちらまで




*** お知らせ ***



富坂キリスト教センター編
 『協力と抵抗の内面史 戦時下を生きたキリスト者たちの研究』

発行されました。


◆詳しい内容については「出版物」欄に掲載してあります。   


購入ご希望の方は、(03)3812-3852 までお申込ください。(送料共2000円)





*** お知らせ ***



基督教イースト・エイジャ・ミッション
 『富坂キリスト教センター紀要』 第9号、発行されました。


    ◆詳しい内容については「出版物」欄に掲載してあります。   


購入ご希望の方は、(03)3812-3852 までお申込ください。(頒布価格 送料共1000円)


     第6号は在庫がなくなりました。第1号も在庫なし。ご了承ください。

     バックナンバー第2号(2012年3月発行)第3号(2013年3月発行)も残部が少なくなっています。
    ご希望の方はお早めにお申し込みください。

    (03)3812-3852まで。(頒布価格 送料共1000円)


   



*** 取扱書籍のご案内 ***



税・送料とも当センター負担の特別価格で、下記の本を扱っています。

お問合せは、Tel: 03-3812-3852 Fax: 03-3817-7255 岡田まで

メールでのお問い合わせはこちらまで



『「韓国からの通信」の時代 
韓国・危機の15年を日韓のジャーナリズムはいかにたたかったか』

(池 明観 著  影書房 4536円 ⇒ 特別価格4000円)


 
『韓国史からみた日本史 北東アジア市民の連帯のために』

(池 明観 著 かんよう出版 税・送料込み1500円)


 
『沖縄にみる性暴力と軍事主義』

 (御茶の水書房 2200円)

 宮城晴美・高里鈴代・安次嶺美代子・山城紀子・川田文子・秋林こずえ

鄭暎織・大嶋果織・山下明子 著  富坂キリスト教センター編




  『 原 発 と 宗 教 - 未来世代への責任 - 』

 (いのちのことば社 1800円)

 栗林輝夫・内藤新吾・河合弘之・吉田由布子・山田真・新藤宗幸・山口幸夫・兼松秀代

西岡由香・中嶌哲演・安田治夫・岡田仁著  富坂キリスト教センター編




『行き詰まりの先にあるもの -ディアコニアの現場から-』

(いのちのことば社 2000円)

  山本光一・橋本孝・長沢道子・難波幸矢・向谷地悦子・平田義・岡田仁著 富坂キリスト教センター編

 

〔以上、すべて税・送料とも当センター負担〕

お問合せは、(03−3812−3852)岡田まで

メールでのお問い合わせはこちらまで




* * *

山上国際学寮についてのお問い合わせは、 (03)3812-3852へ。

最新の空室情報をお伝えします。こちらへ。

学寮についての詳しい内容はこちら。英文もあります。





*

*** 「富坂だより」はPDFでご覧になれます ***

*

ご不便をおかけしていますが、現在、『富坂だより』は PDF でのみ閲覧できます。

このページの左側項目の 出版物 / 富坂だより1〜24号、28号〜 をクリックすると

『ページがみつかりません』 あるいは 『このページは表示できません』などの

画面が出てきますが、


同じ画面の右側に「富坂だより」の号数が順に並んでいますので、

ご覧になりたい号数のPDFをクリックしてください。

画面が表示されます。


なお、HTML画面は、まだ修復中ですので、ご覧になれません。




*

『富坂だより』43号 発行しました。

               【 目 次】
巻頭言「新しい世界へ」(廣石 望)
「日本におけるキリスト教フェミニズム運動史
  ―70年代から現在まで」研究会報告(大嶋果織)
「北東アジアにおける平和思想史」第2回研究会報告 (山本俊正)
沖宣研・TCC第4回共同研修会 報告(栗山のぞみ/鳥潟紘一)
共同研究「戦中・戦後の日本の教会 戦争協力と抵抗の内面史を探る」報告(戒能信生)
寮生から(ロレンツ・ハネシュ)
富坂子どもの家からの報告  ―障がいがある子どもの施設だけ、なぜ日額制なのか―(勝間田万喜)
富坂まきば保育園より(和野ともね)
諸宗教間対話 東京プログラムの感想(ハネス・ブラート=ヴェルナー)
編集後記

ご不便をおかけしていますが、「富坂だより」の内容は、現在PDFでのみ閲覧できます。方法は上に記載。




左側目次よりPDFでもHTMLでも
ご覧いただけます ⇒ 現在HTMLは不可 PDFのみ可能です 
(郵送をご希望の方はこちらまで)




112-0002 東京都文京区小石川 2-9-4 CEAM財団 富坂キリスト教センター
Tel: 03-3812-3852 Fax: 03-3817-7255 メールでのお問い合わせはこちらまで