アクセス

富坂募金 に ご協力を



富坂キリスト教センター(TCC)

研究・研修活動
出 版 物
富坂だより



山上国際学寮



京都宗教学際研究所


















    おかげさまで公益財団法人の資格を得ることができました。
    今後とも変わらず皆様のご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。


公益財団法人基督教イースト・エイジャ・ミッション

《富坂キリスト教センター研究活動・研修活動、山上国際学寮、京都宗教学際研究所、
富坂こどもの家、富坂まきば保育園》 の

募金(寄付金)に、 ご協力をお願い申し上げます。


☆富坂キリスト教センター研究活動
 皆様からいただきました寄付金は研究会・講演会活動の運営のために充てさせて頂きます。
 「戦争協力と抵抗の内面史を探る」研究会(2015年〜)、「子どもの貧困とキリスト教」研究会(2016年〜)、「人間関係とコミュニケーション」研究会(2017年〜)ではそれぞれ充実した研究報告と協議が行われています。今秋から「北東アジアにおける平和思想史」研究会がスタートします。おもに韓・中・台・沖の平和思想について考察し、国際連帯を構築する市民、若い人材育成と交流の実現や、教会・市民間パートナーシップ教育プログラムの貢献を目指します。今後ともご支援の程どうか宜しくお願い申し上げます。

☆富坂キリスト教センター研修活動
 ご寄付は、共同研修会参加者の交通費補助やプログラム経費などに用いさせていただきます。
 2019年2月に第4回沖宣研・富坂共同の研修会を予定しています。私たちは、聖書に記された神と神の民の歩みを想起しつつ、日本の植民地状態にある沖縄の歴史と文化を共に学び、沖縄における基地の現実を見据え、平和への思いを分かち合いながら、今私たちに語られている神の言葉、取りつぐべき神の言葉を聴きたいと願います。私たちが世界にどのように仕えるのか(宣教)を探りつつ、神の国の徴となる教会を形成する勇気と希望を共に養いたいと願います。今後もこの共同研修会を覚えてお祈り下さい。  

☆山上国際学寮
 当学寮の特徴である寮生会や文化交流プログラムのためにご寄附を充てさせていただきます。
 皆様のご支援により10年目を迎えました。クリスマスには、まきば保育園ホールで第1部(燭火礼拝・コンサート)、第2部はセンター1号館で夕食とゲームが行われ、寮生をはじめEMS研修生、教会や近隣の方々約50名に喜ばれました。1月以降、文京区書道連盟の方々による「書初め」指導、小林泉華草月流師範による生花体験、川崎の青丘社ふれあい館半日研修を実施しました。寮生による研究発表と出身国の報告など共同生活を楽しみつつ有意義に過ごしています。今後ともご支援を何卒宜しくお願い致します。

☆京都宗教学際研究所
 ご寄付は、ドイツEMS研修生の京都と東京での諸宗教間対話プログラムに用いさせていただきます。
 同研究所は、宗教を専門とする世界の若者たちに出会いの場を提供し、宗教間、科学と宗教などの対話を通じて、自由に表現された相互の意見に傾聴し、自己の立脚点の放棄と創造を通じて得られる真理を追求する宗教人を養成したいと考えています(「富坂だより」28号より)。今秋には8名のドイツ人神学生がNCC宗教研究所の諸宗教間対話プログラムと12月の東京プログラムに参加する予定です。当法人としてもこのプログラムに協力したいと思います。人的経験交流のさらなる展開のためにお祈りお支え下さい。

☆富坂子どもの家
 お預かりした寄附金はモンテッソーリ教具の整備に活用させて頂きます。
 富坂子どもの家では発達障害をもつ幼児達にモンテッソーリ教育法に基づいた「感覚教具」という独特な教具教材を活用しています。これにより、子ども達の中で抽象概念がより容易に且つ正確に養えるようにと工夫されて、結果として各感覚の洗練、秩序感の形成、精神の集中等の成長の要素が得られるようにと願っています。感覚教具の他にも日常生活活動のための教具、数の教具、言語の教具などがありますが各々が関連性、系統性をもっていますので、一つ一つを精査し、今後も取りそろえて参りたいと思います。

☆富坂まきば保育園
  富坂子どもの家に隣接した場所に、昨年4月1日に開園しました。明治期から宣教師たちによって残され託されたこの場所に、富坂子どもの家と合わせ今後100名近い乳幼児達が毎日通ってきます。保育園は0歳児〜5歳児まで合計90名の定員ですが、昨年は3歳児までの61名、今年度は4歳児までの75名と徐々に増える予定です。屋外用屋内用ともに教具教材を少しずつ増やしていき、多様な発達課題に対応して、子ども達の豊かな成長を支援していきたいと思います。教会の幼稚園などで使わなくなった教具教材(絵本、紙芝居、積み木等)なども歓迎です。是非よろしくお願いいたします。


※ 納税者が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、「特定寄附金」を支出した場合には、所得控除を受けることができます。これを寄附金控除といいます。当法人への寄附金についても所得税、一部地方自治体の個人住民税、相続税、及び法人税の控除対象となり、当法人が発行して皆様にお送りする領収書は確定申告等の際にその証拠資料となります。

 
2018年度目標額 90万円
郵便払込
口座番号
00190-4-164886
口座名義 富坂キリスト教センター

《2017年度募金報告》

募金総額 1,273,618円
42団体,151名の方々からご協力いただきました。
お支えをいただき、真にありがとうございました。 
心より感謝申し上げます。




TOPページへ

112-0002 東京都文京区小石川 2-9-4 CEAM財団 富坂キリスト教センター Tel: 03-3812-3852 Fax: 03-3817-7255 メールでのお問い合わせはこちらまで